Beeのアナ伝記【第4章】~そんなアナならマーシーでもよい~

Aim猛特訓のおかげで、味方へのヒールを回すことも安定してきたころ

私は、Season19をTwitchで配信を始めました。

 

デス平均も3~4のに抑え、回復量も相方ヒーラーより勝っていました。

しかし、レートが上がることはありませんでした。

 

私にはこれ以上レート向上につながるような思い当たるものはなく、この状態でランクを続けたら

次第にレートは上がるんじゃないかと考え、ただ闇雲にランク(Season19)に参戦していました。

しかし思いのほかレートは上がらない・・・。

 

そんな時、こんな声が視聴者から多く寄せられました。

「そんなアナなら、マーシーでいいでしょ」と。

 

私はこの言葉をてっきり、私が下手だから、嫌がらせをしに来ているのかなと思い

頑張っているのに冷たいことを言うなぁ。と聞き流していました。

 


そんな中、あるチームに所属しているアナ専の方が、たまたま私の配信を見ていてくださり

私に「コーチング」しましょうか?と申し出てくれたのです。

その方も、私のプレイスタイルをいくつも見て、「あぁ、これなら確かにマーシーでいいですね」と言われたのですよ。

すごくショックでした。

しかし、この意味が私をブロンズから1か月でレート1000以上上げたアナへのきっかけになったのです。


その方曰く、「アナはヒーラー枠ではない」というのです。

ゲーム内ではサポートという枠に入っているけど、サポートというのは決してヒールを回すだけの枠ではないと教えてくれました。

また、アナというヒーローは、ヒーラーというより、DPS寄りのサブヒーラーだという認識を持つように言われました。

 

その方の説明だと、このゲームはヒール量がダメージ量を上回ることはない。だから、敵に勝つには相手よりダメージを出して押し切ることが大切な時の方が多いですよ。というのです。

確かにその言葉を受けて、今感じるのは、例えば味方が敵と1対1で戦っているとき、味方にヒールを回すより、同じようにその敵にダメージを与えて、敵をより早く倒してから味方をヒールした方が、ヒールコストが低いことが多くの場面で見受けられます。


また、その方曰く

よくほかの人(私を含め)のアナを見ていると、とにかくタンクをフルで回復させようと、常にヒールを回している人を見るけど、そんな必要なんてない。

タンクはそんなに簡単に死なない。ヘルス3分の2あれば十分に生き延びられる。それより重要なのは味方のDPSやヒーラーにヒールを回すことの方が大切だよ。

と言われたのです。

また、位置取りを味方の後ろに位置するのでは、できることは少ないから、少しフランカー的な動きも加えて、敵に阻害や1キル取るようにすれば、それは「アナキャリー」と言われるものですよ。

アナはDPS寄りのサポートだから、ヒール量を気にするよりダメージやキルレートをもっと気にしないといけない。

キルレート3~4ぐらいは意識出来たら、ダイヤでも通用しますよ。と教えていただきました。

 

確かに、当時のランキングで銭を使っているトップの人の戦績を見ると、ゼニヤッタでキルレート5以上ありました。

これはもう完全なDPSですよね。

 

また、その方自身もレートは4300以上を持っているのですが

ヒール量は私の方がはるかに高いのに、キルレートとダメージがかなり高かったです。

これまで私の考えているアナの動きとは全く違い、衝撃的でした。

 

そこから私の攻撃的アナが始まったのです。

 

次回、「ブロンズで勝つためのアナ」を執筆します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。