さすがに酷すぎるよNURO光

4月22日に屋内工事が済みまして

6月4日に屋外工事だったんですが、配線を通すための地中にあるダクトに通じるマンホールが開けれないとかいう理由で、工事取りやめになりました。

工事の計画を練り直して来ますねと言い残して。


そして本日(6月16日)、前回踏まえて再工事を行う予定だったんですよ。

業務が来て、私の部屋のインターホンが鳴り対応策すると、「あれ?マンホールが以前のままですがどうなってるんですか?」「○○業者が来なかったのですか?」なんて聞くんですよ。

当然、私は当然、そんな別の業者が介入する事なんて説明を受けてるわけでもないし、知るわけがありません。またその業者からの連絡すらもありません。

私は事前にNUROから工事の日取りを決めるときに、また違う業者が来て、下調べもないまま着工されて同じ結果になるのが嫌だから、「工事業者は、代わりますか?代わるなら下調べをしっかりしてください」と伝えたんですが、NUROは「前と同じ業者が請け負って、上手く行けば1時間程でできますよ」なんて嬉しい解答をするんですよ。

そら、そんな解答得たら、今日開通だって期待しますよね。


で結局この始末。

業者曰く、「前回と同じ状態でマンホールが開かない状態なら、工事できませんよ」だって。

こっちはそんなこと知りませんよ。

そもそもなんで来る度に何の確認もせずに、行き当たりばったりの出たとこ勝負みたいな工事するんだろうって、怒りがフツフツと湧いてきたんですよ。


私としては、そちらの連携ミスなんて、そちらの事情であって私には何の関係もないことなんですよ。「開通しなかった」と言う結果だけが私には残るわけで、その結果についてどう解決するのかを決めて欲しかったのに、その業者は、さぞ落ち度はないかのように「○○業者が・・・」なんてぐだぐだ言い訳ばかりするもんですから、こりゃプロじゃないなって感じました。

まるで子供のお使いですよ。


私はゲームでは愚痴が出たりはしますけど、人に対して面と向かって、余り苦情とか言うタイプでは無いですけど、さすがに「ちょっとひどいですよ。これ。」とこぼれてしまいました。

例えばこれが配線が距離的に届かないとか、構造上開通することが出来ないというならまだ納得できますが、開通出来る構造があるのに、不手際を重ねた挙げ句に、工具が無いから開通出来ないとか、まだ今回初めて来てその結果なら百歩譲って我慢できますが、二回目ですよ?

他の業者が介在するなら、その進捗状況を確認してないの?って思いますよ。ただ指定された日にちに何の準備無しに来ただけなの?

そもそも、工事なんて全てが想定どおりに事が進むなんて事無いですよ。色んな想定外が発生するけど、それを経験や予測から想定外を、想定内にしてから挑むべきでしょ?

私ならしますよ。なぜなら私はプロですから。この人達は全く素人ですよね。

まして、マンホールを開けるために取り付ける取っ手をねじ込む穴が砂利とかで塞がってるなんて、築年数重ねたものなら詰まっていることなんて当然、想定内ですよね。

それなら、事前に下調べするとか装備を持っていくとかの準備を整えて着工するでしょ?

その業者はそんな本来やるべき仕事を事たった挙げ句に、前回同様の軽装できてお手上げ状態ならで帰るんですから。


珍しく私は怒ってます。

だってネット開通してオーバーウォッチするのすごく楽しみにだったんですから。今日だって、開通後すぐに配信する予定だったんですから。

今まだ、外でマンホール開ける予定だったと思われる業者に確認取ってますけど、これってある程度時間過ぎたらまた部屋に訪ねてきて「やっぱりできません」って来るのが目に見えてますよね。

でも、いきなり行ったら私も納得しないだろうから、一時間ぐらい様子見てから言い出したらある程度納得するだろう的なものが目に見えてるんですよね。

なんて記事を書いてるとやっぱり来ました。

「前と同じマンホールを開ける工具がありません」だって。呆れてものも言えません。

これは黙ってたらまた同じ事を繰り返す恐れがあるので、業者に「NUROに早急に、私に連絡するように伝えてください!」厳しく言いました。

さて、NUROは開通できるのか??

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。