NURO光、本当にお願いしますよ。

業者が帰ったあと、暫くしてからNUROから連絡がありました。

状況を伝え、「素人じゃ無しに、プロを寄越してくれ」とお願いしました。

NURO(だふん苦情受付窓口でしょう)からの説明を聞いていると、どうやらNURO側は今回来た業者が、全てを請け負うって話なんですが、現場の説明では二社で行うって話なんですよね。

どうも話がバラバラなんですよ。だからその当たり、どこの業者がどこまでの工事を請け負って、工事完了させるのかを、はっきりしてもらうように、厳しく言わせて貰いました。


あ。私は暴言とか言ってないですよ。

そんな歳でもないし、そんなタイプの人間でもないので。

でも徹底的に追及していこうかと思っていましたが、受付窓口の方は私の話に平謝り。

まぁ、これも向こうがマニュアル化させてるトラブル解消法なんでしょうが、そう分かっていても、「私はこの人に起こってるわけじゃない」なんて考え始めて、徐々に「この人、私以外にも苦情受けてんだろうなぁ」何て思い始めまして、気の毒になってきました。

そしてそんな考えが巡らせながら、窓口の方に話進めていくうちに、自分が大人げないと感じて「すみません、今回言い過ぎました」なんて誤っちゃいました。

最後に「プロとして仕事をしっかり果たして下さい」と窓口の方と業者に伝わるように、願ってそれだけを言い電話を切りました。

ほんとNUROさん、お願いしますよ。

ただでさえNUROは2回の工事に分けて行うので開通まで時間が掛かるんですから。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。